資格対策>復習のときは淡々とロボットのように

資格試験で重要なのになかなかやる気になれないものとして
復習があります。
しかし、復習を継続的に行わなければ合格することは難しいです。
復習する上で大切なことは余計な感情を入れないことです。

復習は基本的に決まったものを決まった方法で行うだけです。
要は指示されたことを淡々と行えばよいのです。
合格者の多くは必ずこの作業を行っています。
周りには「俺はすごい復習してるんだぜ」なんて自慢する人は
いないので分からないですが、この繰り返し作業を
行っています。

復習とは技術うんぬんではなくモチベーションです。
このモチベーションに関しては最初に説明した
モチベーションを上げる方法で実践してください。

復習は短い時間でできるのが最大の特徴です。
短い時間の有効利用法で説明した待ち合わせ時間などを利用して
こまめに行うようにしましょう。
また、復習は何度やってもなかなか覚えられないという
人がいますが、そんな簡単に覚えられるものではありません。
焦りから覚えられるものも覚えられなくなってしまいます。
本番までに覚えればよいという感覚でやりましょう。

復習は難しくないはずが、精神的に難しくなります。
嫌にならずここを越えれば合格に近づくと思えるはずです。

 
 
 
inserted by FC2 system