資格対策>効率の良い休憩を取る方法

勉強していると必ず疲れます。集中力が落ちてきます。
そのようなときには必ず休憩をしましょう。
しかし、この休憩が曲者でこのやり方によっては、
集中力が取り戻せなくなることがあるのです。

休憩をするというのは一旦勉強から離れて休んだり、
遊んだりというイメージがあると思いますが、
こうすると時間が無駄に過ぎるだけになってしまいます。
時間がない平日に勉強することになると、
なおさら効率よく休憩を取る必要があります。

この休憩はもう一度机の前に座る集中力を取り戻すために
あります。常に時間を気にして休憩しましょう。

では、能率が上がる休憩方法をご紹介します。

・コリをほぐす、伸びをする、マッサージ
 勉強は同じ姿勢を続けるため、筋肉が緊張してしまいます。
 それをほぐすことですっきりさせることが目的です。
 勉強の合間・合間に取り組みましょう。
・筋トレ
 意外と腕立て伏せや腹筋などの筋トレを行うと頭がすっきりします。
 ただし、疲れるまではしないでください。
 5〜10分くらい取り組めば集中力も復活します。
・整理整頓
 テキストや参考書を広げて汚くなった机の上を整理しましょう。
 気分がガラリと変わるはずです。

 
 
 
inserted by FC2 system