資格対策>資格の種類とその違い

現在、資格と一言に言っても様々なものがあります。
弁護士や税理士という仕事のための資格から
アマチュア無線など趣味に関しての資格など多種多様です。

資格には国家資格、公的資格、民間資格の
3種類に分けられています。

・国家資格
資格の中でも信頼性が高いといっても良いでしょう。
この資格の役割として主に二つあります。
1つは資格がないと仕事ができない資格試験です。
弁護士や税理士、医師といったものがあります。
もう1つはどの程度知識を有しているかの認定試験です。
情報処理技術者などの資格があります。
資格がなくても仕事はできますが、
資格を持っていると評価が高くなります。
また、会社によっては手当てが支給されることもあります。

・公的資格
財団法人や社団法人などに手続きを行うものです。
試験については検定試験が主なものです。
有名な試験としては、英検や漢検などの資格になります。

・民間資格
国家資格や公的資格と違い民間団体が資格を作ったものです。
中にはもうすぐ国家資格になるなど偽ったものがあるので
気をつけましょう。

手続きをするときはよく調べて手続きをするようにしましょう。

 
 
 
inserted by FC2 system