資格対策>通勤時間で座る努力を怠らないように

首都圏の通勤であっても、通勤時間は片道1時間を越える人も
いるでしょう。電車通勤の人はこの時間をうまく利用できるか
どうかで試験結果が決まるといってもよいでしょう。

通勤電車は快適な空間ではありません。多くの人は最短の経路を
とります。しかし、通勤時間を有効に使いたいのであれば
今までの経路を考え直すことも必要です。

目的地まで少しは時間がかかるが座れるのであればベストです。

短い通勤時間で殺人的なラッシュで通勤するよりも、
長い通勤時間であっても座れるのであれば、勉強時間を確保
することができます。

通勤時間で学習時間を確保するためには時差通勤にしたり、
始発を狙ったりすることが重要です。
早起きして混んでいない電車に乗れば、通勤時間を学習時間に
充てられます。始発電車が出てるのであれば、少し早めに出て
並ぶ努力をしましょう。
また、車両によっても空いている車両もあるので普段乗っている
電車を観察することもしてください。

努力しだいで勉強時間は驚くほど増えます。
通勤時間を何倍も活用できるようにしましょう。

 
 
 
inserted by FC2 system