資格対策>溜めた情報は分散せず集約する方法

資格試験の勉強には、多くの資料が必要になってきます。
特に難関試験であれば、その資料の量は膨大になります。
資料とは、テキストを始めとした教材から、
レジュメなど多岐にわたります。

多くの合格者を見ていると、
資料の整理の仕方があっさりしています。
整理の分類が上手いとかヘタとかではなく、
あっさりしているのです。
資料は情報ですから、情報をどう整理するのか、
これは勉強を効率的に行ううえで大変重要な要素です。
例えば、○○について調べようと思った時に、
いったいどこにあったか?
などとやっていると時間を大きく無駄にしてしまいます。

これらの無駄を回避するためには、特別なことは要りません。
要するに、情報をどこか一箇所に集約しておけば良いのです。
具体的にはテキストに情報を集約するのが最も理想的です。
テキストである必要はありませんが、テキストが最も効率的だからです。
どこかに全ての情報を集約しておけば、
これだけを押さえれば良いんだ、
と思うことができ精神的にも随分楽になります。

資格試験に合格するためには、多くの情報(勉強内容)に触れますが、
そのうち試験に出題されるのはごくわずかです。
そのごくわずかな知識を本試験で正確に解答するために、
膨大な情報を効率的に処理し、そして覚えるのが資格試験で言う勉強です。
情報を上手く集約し、重要度の見極めをすることも勉強の一つなのです。

 
 
 
inserted by FC2 system